【ひとくちレビュー3】最近遊んだ同人エロゲー【4作品】

レビュー/作品紹介

ひとくちレビュー

管理人が最近遊んだ同人ゲームの感想です。数作品をまとめて載せるので短いレビューになります。

画像をクリックすると商品ページ(外部リンク)に移動します。

【AVANTGARDE】MARRIAGE OR PERVERT ~短小戦士とドスケベ魔法使い~


Hステータス、敗北H、衣装破れ等ポイントは押さえている同人RPGです。キャラも巨乳で可愛く、ボイスがあるのも良いですね。ここまではよくある同人RPGだと思いますよね。このゲーム最大の魅力はラスボス攻略後のNTRにあります。このゲーム、道中でNTRが起こる場合は必ず選択肢があります。NTRが起こる場合はプレイヤーがその選択をした結果です。ヒロインは物語の中で不可抗力で”寝取られ”ますが感覚としては”寝取らせ”に近いです。
ラスボス攻略後、NTRを積もらせ淫乱度を上げていると平和になった街を主人公(男)が探索するパートが差し込まれます。すると街のあちこちで、もうどうしようもなくちんぽ中毒になったヒロインが”寝取られ”ています。情事を目撃する度に主人公は何かの間違いだと目を逸らします。そんな中でソープ風俗を訪れた主人公は彼女によく似た嬢を見つけます。恐る恐る指名するとそれは旅を一緒に続けた末に主人公と結ばれたはずのヒロインでした。彼女の名前を呼ぶと知らないフリをして源氏名を告げられます。プレイが始まると彼女は慣れた様子で挿入し、気持ちいいと大げさに喘ぎます。主人公は何故こんなことになったんだ本当のことを言ってくれと彼女に言います。彼女は「いいの?傷つくよ」と確認を取ると主人公はうなずきます。すると彼女は決壊したダムのように主人公に怒りを顕にします。「なんで守ってくれなかったの?」「貴方が守ってくれていたらこんなことにはならなかった。貴方を愛したままでいられた。」「モンスターや他人にガバガバにされたアソコでは貴方のじゃ満足できないんだよ」と慟哭します。そしてどんどん早くなる騎乗位を前に主人公はあっさりと果ててしまいます。「全然気持ちよくなかった」のセリフと共にもう二度と来ないでほしいと告げられます。その後も彼女が街で他人の性器を咥えている様を見せつけられました。
これらは全てプレイヤー自身の選択がもたらしたことです。道中、嬉々としてヒロインを寝取らせた結果です。このラストを見るのは覚悟が必要です。
あの風俗のシーンのみで私の中では上位に来る作品になりました。あの衝撃はNTRモノでも中々ありません。こんなNTRは初めてでした。あまりにも素晴らしかったので長々と書いてしまいました。

【Autonoe】エミリアの宿屋 ~ルージの母親 ネトラセ日誌~


ショタによる母親寝取らせです。この町では息子と関係を持つのが常識です。ラブラブだった母と息子が寝取らせによって徐々に離れていく描写が良かったです。夜行為に及ぶ母親を探し覗き見できるのが素晴らしいです。ドキドキしました。寝取らせた翌日には行為の内容を聞きながら母親とSEXできます。絵は少し淡白であっさりな印象。シーン数は結構あります。
このゲームのおかげで私は”寝取られ”が好きなのであって”寝取らせ”はまあまあなのだと己を知ることができました。
ネトラセ・ショタ・母親好きの方にはとても良い作品だと思います。

【うにねこ工房】3人の姉と僕の宿~エッチなサービス始めました。~


宿の存続のためにHなサービスを始めるというゲーム。ショタ(弟)と姉妹合わせて4人をそれぞれ操作できます。ショタを操作し真っ当にお金を稼ぐのも良し。姉達を操作し売春するも良し。主人公はショタなので基本NTRですがハーレムエンドもあります。ショタと女性客とのプレイがあるのも良かったです。
総合的に見ると少し高い気はします。絵が気に入ればプレイするのはありです。

【うにねこ工房】ネトラレ町のチョロインさん。~百代さんの場合~


こちらもショタによる母親寝取らせです。ショタと母親の2人を操作できます。ショタ操作時には母親の寝取られ現場を見たり、他のお姉さんとセックスできます。母親操作時には色んな男とセックスできます。出産イベントがあるのはいいですね。
絵が気に入るならプレイしてみて下さい。

コメント